メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

古寧頭集落

更新しました:2010-09-03

706

微信分享:

Android点击浏览器右上方 "" 分享给微信好友

iOS浏览器请点击下方 "" 按钮

紹介

古寧頭は、昔、「古龍頭」と称され、元来岩牡蠣によって有名だった小さな漁村でしたが、古寧頭大戦により、国民党と共産党の激戦の最前線となりました。著名な北山旧洋館、古寧頭戦史館及び集落の鉄砲で撃たれたレンガ壁といった衝撃的な光景を目にすることで驚くべき歴史が証明されています。

南、北山の集落の伝統的な建築は、そのほとんどが明朝末期から残されてきたものです。北山の風獅爺、水尾塔、振威第後壁の「泰山石敢當(T字路や三叉路などの突き当たりに石敢當を設け、魔物の侵入を防ぐ魔よけ。魔物が石敢當に当たると砕け散るとされる)」及び南山の関帝廟(関羽廟)、三眼井、李開和洋館などがいずれも有名で、文化的なランドスケープとなっています。

観光スポット情報

電話 +886-82-324174

アドレス 台湾金門県金寧郷古寧頭集落

交通情報

周りによい旅行

Top